忍者ブログ

花ぐもり

よろしくお願いします!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

車田正美が、3Dギリシャ神話「タイタンの戦い」ポスター描き下ろし

 [eiga.com 映画ニュース] ギリシャ神話をベースに人間と神々の戦いを描いた3Dアクション大作「タイタンの戦い」(4月23日公開)の日本版ポスタービジュアルを、人気漫画「聖闘士星矢」の車田正美が描き下ろすことが分かった。

「タイタンの戦い」フォトギャラリー

 「タイタンの戦い」は、神々と人間が世界の覇権をかけて争うなか、神々の長ゼウスを父、人間を母にもつペルセウスが、人間として戦いに身を投じていく姿を描くもの。「アバター」のサム?ワーシントンがペルセウスを演じるほか、リーアム?ニーソン、レイフ?ファインズら実力派キャストが共演している。

 車田の描く「聖闘士星矢」は、「ドラゴンボール」「北斗の拳」などに並ぶ80年代の「週刊少年ジャンプ」(集英社)の代表作。現在も続編作が生まれている人気漫画で、当時からヨーロッパを中心とした国外でも人気が高く、世界的なヒット作として知られる。「タイタンの戦い」のルイ?レテリエ監督は、このほど行われたロンドンでのワールドプレミアや様々なインタビューの場で「聖闘士星矢」の大ファンであることを公言し、「『タイタンの戦い』で神々が鎧(よろい)を着ているのは『聖闘士星矢』へのリスペクト」と話している。配給のワーナー?ブラザースも、ともにギリシャ神話をベースとした作品であること、車田の「戦う男」を描く一貫した作品のテーマと同作のイメージが一 FF11 RMT
致していることからコラボレーション企画を依頼。車田も作品の世界観やテーマに共感し、ポスタービジュアルを描き下ろすことが決定した。

 ワーナー?ブラザース映画は、「監督がリスペクトしている車田先生とのコラボレーションが実現し、大変うれしい。作品のテーマなど非常に近いこともあり、どのようなビジュアルになるのか非常に楽しみ」とコメントを発表。車田からも「ギリシャ神話ピカイチの英雄ペルセウス! 誰もが知っていながら誰も知らなかった物語の扉(とびら)がついに開かれた! この日がくるのを半世紀待ってたぜ!!」と同作に対する応援メッセージが寄せられている。

【関連情報】
? サム?ワーシントン「タイタンの戦い」英プレミアで来日宣言
? 「タイタンの戦い」は「聖闘士星矢」へのオマージュ
? 3Dアクション大作「タイタンの戦い」人間VS神のビジュアル解禁
? サム?ワーシントン主演の3D映画「タイタンの戦い」予告編&ポスター公開 rmt aion

引用元:ローズ(Rose) 専門サイト
PR

【リリース】セガ,Hoshin GigaMedia Centerと提携し

セガ、PC版『ファンタシースターユニバース』の台湾での展開が決定
セガとHoshin GigaMedia Center Inc.、台湾での展開に関するライセンス契約を締結

 株式会社セガ(本社:東京都大田区、代表取締役社長兼COO:小口久雄、以下セガ)は、台湾のネットワークゲーム運営会社であるHoshin GigaMedia Center Inc.(本社:台湾、代表:
王敏祥/Wang Minshiang)とライセンス契約を締結し、PC版『ファンタシースターユニバース』において台湾での販売およびネットワークサービス運営を2007年中に開始することを決定いたしました。

 セガは、『ファンタシースターユニバース』のPlayStation2版、Xbox 360版、PC版をそれぞれ日本、北米、欧州(発売時期:日本2006年8月、北米2006年10月、欧 トリーバーチ
州2006年11月)にて展開しており、現在も多くのプレイヤーが楽しみ、高い人気を誇っています。また、2007年内には続編となる『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』の発売も予定され、さらなる進化を遂げようとしています。
rmt ドラゴニカ
0



クリスチャンルブタン パンプス















































引用元:RMT(リアルマネートレード)専門サイト『RMTワンファースト』

[韓国ゲーム事情#536]NCsoftの次世代MMORPGアイオンが












Kimの韓国最新PCゲーム事情#536

NCsoftの次世代MMORPGアイオンがE3で公開(2006/5/8)

Text by Kim Dong Wook特派員
















 NCsoftは,自社のMMORPG開発ノウハウを結集させ,数年間かけて秘密裡に準備してきた(同社の表現によると)「完成型MMORPG」である「アイオン:永遠の塔(Aion:The Tower of Eternity)」(以下,アイオン)」のサブタイトル,イメージの一部を5月2日に公開した。

 同ゲームは,Project Aion(一時は次世代リネージュのコードネームだった)として知られていたNCsoftの次世代MMORPGで,2003年に登場したリネージュII以降,ほぼ3年ぶりにお目見えする同社の大物 MMORPGといっていいだろう。5月10日から12日までロサンゼルスで開催されるゲーム展示会E3(Electronic Entertainment Expo)では,初のプレイアブルバージョンが公開される予定だ。

 今回公開されたサブタイトルともなっている「永遠の塔」は,ゲーム内の大陸の中心に位置する巨大な塔である。ポスターイメージでも表現されているように天上の世界との連結の役目をしているようだ。

 同社のアイオンプロデュースチームのChang Joo Hyungチームリーダーは「アイオンは,“Next Cinema”というNCsoftの開発哲学の上で,MMORPGが挑戦しなければならない次の課題である“発展した相互作用(interaction)”の実現を主な目標として制作中の作品だ」とコメントしている。
























引用元:ローズ(Rose) 専門サイト

「WYD」,キャラ育成&アイテム獲得のチャンスが到来






アトランティカ rmt
カバル rmt
rmt CABAL


With Your Destiny II
配信元 ハンビットユビキタスエンターテインメント 配信日 2009/09/16

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

基本無料MMORPG 『WYD』
arad rmt
イベント「連休だし今月も稼ぎまくっちゃって!」

開催のお知らせ









 株式会社ハンビットユビキタスエンターテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:キム?ユラ、以下HUE)は、フル3D MMORPG 『WYD (ウィド、WITH YOUR DESTINY)』において、2009 年9 月18 日(金)よりイベント「連休だし今月も稼ぎまくっちゃって!」を開催することをお知らせいたします。



 史上初の秋の大型連休にあわせ開催する今回の「連休だし今月も稼ぎまくっちゃって!」は、経験値とドロップ率が2 倍になるイベントです。



 イベント内容の詳細は下記の通りです。





< イベント「連休だし今月も稼ぎまくっちゃって!について >



待ちに待った大型連休! あなたは何をして過ごしますか?

旅行もいいし買い物もいいし、家でゴロゴロ日頃の疲れを癒すのも1 つ。

んん? 何か忘れてない?



こんな時にこそたくさんの人にWYD でガッツリ楽しんで欲しい。

そんな気持ちを込めて……2 倍だ! (ドロップも増えるよ!)


■ 開催期間 :経験値2 倍期間 2009 年9 月18 日(金)13:00 ? 2009 年9 月28 日(月) 10:00

ドロップ率アップ期間 2009 年9 月18 日(金)13:00 ? 2009 年9 月22 日(火) 9:00



■ 対象 :全ユーザー



■ 内容 :期間中、全キャラクターのモンスターを倒した際の取得経験値が2 倍となります。

また、2009 年9 月22 日(火)9:00 まではドロップ率も2 倍にアップします。



■ 特設ページURL :http://wyd.hanbitstation.jp/news/event/view.asp?id=3053













引用元:ロハン(新生R.O.H.A.N) 専門サイト

4Gamer編集者のゲーム用ノートPC購入記(前):GeForce






現在愛用中の「Let’snote R8」。COMPUTEX TAIPEI 2009の会場では,そこかしこで,「そのNetbookはクールだな! いくらで買ったの?」と聞かれた。ちなみに,約3000ドルと返答すると,全員引いてましたが

 多くの4Gamer読者もそうだろうが,筆者は長らく,PCゲームはデスクトップPCでプレイするものだと認識してきた。これは一にも二にも,デスクトップPCとノートPCでは,熱設計や消費電力の仕様が違いすぎるためだ。「ノートPCの小さな筐体に,ハイエンドのGPUを詰め込むのは物理的に不可能なんだから,ノートPCなんてものは,『x86版 ドラゴンネスト rmt
Windowsが満足に動作するPDA』
として,毎日持ち運べれば,それでいいではないか」という考えの下,シングル/マルチプレイFPSを過不足なく動作させられるスペックはデスクトップPCでのみ目指すことにする一方,ノートPCは,B5以下,1.2kg以下の,いわゆるリアルモバイル機しか購入してこなかったのである。
アイオン rmt


 ただ,4Gamerで仕事をしていると,国内外へ出張する機会が増えてきて,いきおい,B5サイズ以下のノートPCでは,性能よりむしろ,デスクトップの作業スペース的に厳しくなってきた。

 何度か買い換えながら愛用し続けている“PDA”,Let’snote Rシリーズのディスプレイ解像度は1024×768ドット。これに対して,自宅のゲーム用PCとつながっているメインディスプレイの解像度は2560×1600ドット,会社は2台で1920×1200ドット+1280×1024ドットだ。“1920×1200ドットオーバー”の世界にすっかり慣れてしまった身で,今さら“PDAを一人前のPCとして
使う”のは,かなりつらい。

 そこで,かれこれ25年のPC歴で初めて,PCとして使ったときに不満の少ないというか,ゲームも含め,たいていの処理を問題なくこなせるマシンを購入しようということになった次第だ。



 要するに,デスクトップPCとモバイルノートPCをすでに持っている人間が,その間を埋めるべく,もう1台買い足そうという話なので,初めての1台を検討しているような人に,どこまで参考になるのかは分からない。まるでならないんじゃないか,という気がしないでもないが,せっかくなので,購入から検証までレポートしてみたいと思う。
rmt アトランティカ




譲れない条件を挙げていくと


選択肢が1製品しか残らなかった件




 購入に当たっての条件は以下のとおり。優先度順に並べたつもりだ。



1.(周辺機器込みで)20万円以下に収まること

 ノートPCは,買ってからいろいろと追加でコストがかかる。ひとまず予算は20万円だが,実際にPC購入代金として利用できるのは最大でも17万円といったところだ。



2.ディスプレイ解像度が1920×1200ドット以上であること

 これは絶対に譲れない。解像度が足りなくてノートPCを買い足す以上,1680×1050ドットあればいいや的な妥協はNGといえよう。



3.単体GPUとしてGeForceを搭載すること

 「ゲームも含め,たいていの処理を問題なくこなせる」ようなノートPCに,単体GPUの搭載は必須となるが,最新ゲームタイトルを動作させる前提で選ぶなら,チョイスすべきはGeForceとなる。公式グラフィックスドライバ「GeForce Driver for Notebooks」が公開され,定期的にアップデートされているからだ。ノートPC用ドライバのアップデート紹介記事を書きやす
くなるというメリットも,個人的には結構大きい。

 モデルナンバーは,予算内で,できる限り上位のものを。そういえば,単体GPU搭載のノートPCを購入するのも,人生で初めての経験だったりする。



4.メインメモリを4GB以上搭載できること

 仕事に使う(=Adobe Photoshopを使って画像処理を行う)ことまで考えると,メインメモリは最低でも4GB載せておきたい。理想は8GB以上だが,メモリスロットの数を考えると,さすがに高望みか。



5.ノングレア(非光沢)液晶パネルを採用すること

 4Gamerの公式見解ではなく,あくまで個人的な意見であるとお断りしてから述べると,なぜグレアパネルなんてものが主流なのか,さっぱり理解できない。静止画や動画の見やすさ,長時間の使用時における目の疲労度の低さ,OSの起動時など,何かの拍子に画面が暗転したとき,くたびれた自分の顔を拝まなくていいことなど,何をとっても,ノングレアパネルの
ほうが圧倒的に優れている。

 こういうことを述べると,「なら,ノングレアフィルムを貼ればいいじゃない」とよく言われるのだが,iPhone 3G用のノングレアフィルムすらキレイには貼れないのに,ノートPC用のフィルムをキレイに貼るなんてまず無理だ。



6.[Enter]キーの右隣によけいなキーが置かれていない,一般的なJIS配列であること

 FPSプレイヤーとして異端であることは十分に理解しているが,[無変換]キーとATOKがないと満足に日本語を打鍵できないこと,日本語を打鍵できないと仕事にならないことを踏まえるに,JIS配列であることは相当重要である。

 また,某海外PCメーカーの人から,「そんなこと気にするのはおまえだけだ」と笑われたこともあったりするが,[Enter]キーの右に,[Page Up]やら[End]やらといったキーが並ぶ配列も“誤爆”の可能性があるので避けたい。



7.できる限り小型であること

 出張時,ナップザックに入れて,モバイルノートPCやカメラと一緒に飛行機の機内へ持ち込むことを考えると,本体が小型であるに越したことはない。


 CPUやストレージ周り,OSに条件がないのかと思うかもしれないが,まずCPUに関しては,「極端に低いクロックのクアッドコアを掴まされない」ことにだけ気をつけていれば十分だ。ミドルクラス以上のモデルナンバーを持った単体GPUを搭載するPCをしっかり選べば,たいていは,大きな問題のないスペックを持ったCPUがセットになっているからである。

 ストレージについては,1920×1200ドットクラスの液晶パネルを組み合わせた製品なら,必要に応じて換装できるようになっているだろうと,それほど重視しなかった。また,OSは,部屋にごろごろ転がっているので,デバイスドライバさえ用意されているなら,はっきり言ってなんでもいい。むしろ「OSなし」を選べるのが理想である。








パソコン工房のCLG629 TYPE-G販売ページ。到着までは最大で10営業日かかるとされていたが,今回は2日で届いた

 さて,筆者は今回,COMPUTEX TAIPEI 2009の取材から本格的に使い始めるべく,4月下旬?5月中旬に,以上の7条件を満たすノートPCを探したのだが,最大のネックはノングレアの1920×1200ドット液晶パネルを搭載するノートの選択肢が極端に少ないことで,国内外の大手も含めていろいろ探してみたものの,ほぼ全滅。結論からいうと,探索時点で選択肢となり得た
のは,パソコン工房の「Lesance BTO CLG629 TYPE-G」(以下,CLG629 TYPE-G)だけだった。

 国内外の大手メーカー製PCではない,いわゆるホワイトボックス系ノートPCの場合,製品紹介写真は英語キーボードのままで,日本語キーボードの配列は分からないことが多い。実際,CLG629 TYPE-Gもご多分に漏れなかったが,非光沢パネルの1920×1200ドット液晶ディスプレイ,そして「GeForce GTX 260M」(以下,GTX 260M)を採用する本機は,キーボード以外
の6項目が,筆者のニーズと完全に合致していたのだ。これだけ選択肢がないなかで,ほぼ希望どおりのスペックを持つノートPCに出会えるとは,正直,思わなかった。



 CLG629 TYPE-GのBTO標準構成価格は16万9980円(税込)。メインメモリ容量が2GB×1のところを,2GB×2に変更してプラス4900円すると予算をやや上回るが,本機では「OSなし」が選択可能で,一気にマイナス1万4000円だ。今回は,合計16万880円(税込)となったところで,注文をかけている。

 ちなみに余談ながら,筆者がCLG629 TYPE-Gを購入してからしばらく経って,パソコン工房のゲーマー向けシリーズ「GS」にも,CLG629 TYPE-G相当のラインナップが「Lesance BTO GSN629GW TYPE-G」として追加された。中身は同じなので,今から買うなら,こちらを選んだと思う。







引用元:SEOブロゴ | 広島市

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[02/16 ブランド 財布]
[02/16 コピーブランド]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R